住宅ローンを借りる年収の目安とは?

住宅ローン年収の目安は、返済額が年収の20%〜25%に収まるようにと考えます。
借り入れ可能額としては、年収400万円以上なら35%として算出するシミュレーションもあるようですね。
けれども実際に年収400万円で140万円が毎年住宅費に消えると考えるとキツキツになってしまうのではないでしょうか。
余裕のある返済計画が立てられる範囲であれば、余剰金で繰り上げ返済を考えられますが、キツキツでめいっぱい借りてしまうと、病気や転職など思わぬことで返済に行き詰まることがあるかもしれません。
そうしたリスクを避けたければサラリーマンの平均年収が400万円から500万円程度だということから考えても予算は2,500万円から3,500万円の間に収めたいですね。
住宅ローンは年収の何倍まで?借入れ額の目安は?【審査に通る収入割合】